ロイヤルカナン

犬用ロイヤルカナンの療法食ドッグフードとは?注意点など徹底解剖!

ロイヤルカナンの療法食

こんにちは!ドッグフード大百科の編集長ヒロミです。

犬が病気になって動物病院で診察してもらうと、必ずと言っていいほどロイヤルカナンを進めてきますよね!犬が病気の時は療法食を与えるのは間違っていないですが「なぜロイヤルカナン扱っている動物病院が多いの?」「もっと良い食材を使用している療法食を与えたいけど」実はしっかりした理由があります。

また、ロイヤルカナンの療法食を購入する場合って「動物病院より安いネット通販を利用するとダメなの?」「どんな時に療法食を使用すればいいのか?」など購入方法や注意点についてお教えしています!

そして、愛犬の病気について「獣医の診断を受けていない」場合など、安易に自分の判断で食事療法食を与えている人もいますが、本当に正しい処置方法なのでしょうか・・・?

さらに、ロイヤルカナンの療法食にはどんな種類があるのかなども調べてみました。ということで、今回は、ロイヤルカナンを与える場合の注意点や、療法食について詳しくお教えしていこうと思いますので、ぜひ参考にしてもらえれば幸いです♪

Contents

健康な犬にロイヤルカナン療法食を与えても良いの?

健康な犬にもロイヤルカナンの療法食は大丈夫?

健康的な犬に与えるドッグフードは、総合栄養食という栄養バランスの優れたドッグフードです。しかし、ロイヤルカナンの療法食は、病気になった犬の為に作られているので、健康な犬に療法食を与えることはできません。

では、なぜ健康な犬に食事療法食を与えることが出来ないのでしょうか・・・?それは、特定の病気に対して成分を調整しているからですね。なので、ロイヤルカナンの療法食を健康な犬に与えてしまうと、栄養不足になることがあり、健康を損なうこともありますので注意しましょう!

病気の犬に、ロイヤルカナンの食事療法食を与える時に注意してほしい事は、必要な栄養バランスが様々で素人では選ぶ事が難しいです。という事で、毎日の食事から病気を治療する場合は、獣医さんの的確なアドバイスが必要で、病気に合った療法食を選んでもらう必要があります!

ロイヤルカナンの療法食と一般食の違いとは?

療法食と一般食の違い

ロイヤルカナンには、「一般食の総合栄養食」「準療法食の総合栄養食」「療法食」「栄養補完食」の4タイプから選べるようになっています。

ロイヤルカナンやその他メーカーなどの一般食ドッグフード(総合栄養食)とは、ペットフードと水だけで健康維持や成長に必要な栄養素を吸収できるフードのことを言います。

食事療法食とは、病気になった犬に必要な栄養素を特別に配合しているので、一般食とは全く違う食事(栄養素)になります。

例えば、健康な人はしっかりと栄養がある物を食べて健康維持をします。しかし、糖尿病の人だと栄養価が高い物でも、血糖値を上げないように制限しないといけませんよね。

それと同じで、犬が健康の場合に病気対策(予防)として療法食を与えてしまうと、必要な栄養素を吸収することが出来ないので逆に危険です。

ロイヤルカナンの4つの種類
  1. ヘルス ニュートリション・・・一般的な総合栄養食
  2. 食事療法食・・・獣医のアドバイスが必要
  3. 栄養補完食・・・パウダー・ハブ・投薬補助
  4. ベッツプラン・・・総合栄養食+食事療法食

さらに、ロイヤルカナンの総合栄養食には、「一般的な総合栄養食」と「ベッツプランの総合栄養食」という2種類があます。ベッツプランは療法食としての病気予防と、一般的な総合栄養食の2種類が掛け合わさっているドッグフードになります。

なので、愛犬が掛かりやすい病気の予防食としても利用できるドッグフードで非常に人気があります。しかし、犬の健康状態をチェックしてもらった獣医さんに選んでもらう必要がありますが・・・

犬用ロイヤルカナンの食事療法食は10種類に分かれている!

療法食 犬の症状
1、セレクトプロテイン・低脂肪プロテイン・アミノペプチドフォーミュラ 食物アレルギーによる皮膚疾患や消化器疾患の犬におすすめの療法食です。
2、phコントロール 下部尿路疾患の犬の食事療法食です。減量が必要な犬やアレルギーに悩んでいる犬用もラインナップされています。
3、腎臓サポート 慢性腎臓病や食物アレルギーの犬の対策の療法食。腎臓病で食欲不振な犬も食いつきが良いように調合されています。
4、減量サポート・満腹サポート・糖コントロール 肥満で痩せないといけない犬用の減量&満腹感の為の療法食です。
5、消化器サポート 犬が下痢をしている場合に3つの種類で対策出来る療法食。下痢の症状に合わせて選ぶ必要があります。
6、スキンサポート 皮膚疾患に悩んでいる犬用の療法食です。食物アレルギーにも配慮された特別な調合がなされています。
7、関節サポート 関節に必要な複数の栄養素を配合しています。体重過多での関節負担にならないように低カロリーにも配慮しています。
8、肝臓サポート 必須脂肪酸や亜鉛の含有量を調整することで肝疾患に伴う高アンモニア血症や肝性脳症になった犬用に調整されています。
9、心臓サポート 心臓サポートには、1と2があり初期の心筋症とステージ進行した犬用の2種類のタイプが用意されています。
10、退院サポート 退院時や手術後の各栄養素を強化した療法食が退院サポートです。

1、セレクトプロティン・低分子プロテイン・アミノペプチドフォーミュラは食物アレルギー対策!

食物アレルギー用療法食

ロイヤルカナンの療法食「セレクトプロテイン」「低分子プロテイン」「アミノペプチドフォーミュラ」は、食物アレルギーや皮膚疾患、さらに消化器疾患の犬に、特別に調合されたドッグフードです。消化性の高い原材料を配合することでアレルギーの原因を出にくくします。

セレクトプロテインは「カンガルー&オーツ」「フィッシュ&ポテト」「タピオカ&ダック」の3種類肉類が用意されています。

アレルギー用療法食全9種類
  1. セレクトプロテイン カンガルー&オーツ ドライ
  2. セレクトプロテイン フィッシュ&ポテト ドライ
  3. セレクトプロテイン ダック&タピオカ ドライ
  4. セレクトプロテイン チキン&ライス ウェット
  5. 低分子プロテイン ドライ
  6. 低分子プロテイン ウェット缶
  7. 低分子プロテイン ライト ドライ
  8. 低分子プロテインphコントロール
  9. アミノペプチドフォーミュラ

2、ロイヤルカナンのphコントロールは下部尿路疾患の犬の療法食!

ロイヤルカナンの療法食phコントロール

ロイヤルカナンの療法食phコントロールは、下部尿路疾患に犬にミネラルやマグネシウムを特別に調合したドッグフードです。

phコントロールには、下部尿路疾患と減量が必要な犬用や、さらに食物アレルギーによる皮膚疾患の犬にも対応できるように数種類が用意されています。

phコントロール一全8種類一覧
  1. phコントロールV2+満腹感サポート
  2. phコントロールV2+低脂肪プロテイン
  3. phコントロール スペシャルドライ
  4. phコントロール ドライ
  5. phコントロール ライトドライ
  6. phコントロール ウェット缶
  7. phコントロール ウェットパウチ
  8. 低脂肪プロテイン+phコントロール

3、腎臓サポートは腎臓病で食欲が低下した犬にも配慮している!

腎臓サポート療法食

ロイヤルカナンの腎臓サポートは、マルチファクションシリーズと呼ばれています。慢性的な腎臓病の犬の為に、リンの含有量を特別に制限した療法食です。さらに、タンパク質や必須脂肪酸の含有量も調整しているので、腎臓病による食欲低下に配慮されています。

また、腎臓病と食物アレルギーを併発している犬には、低分子プロテインを配合しているタイプもあります。

腎臓サポート全5種類一覧
  1. 腎臓サポート+低分子プロテイン
  2. 腎臓サポート セレクションドライ
  3. 腎臓サポート ドライ
  4. 腎臓サポート ウェット缶
  5. 腎臓サポート リキッド

4、減量サポート・満腹感サポート・糖コントロールは体重管理が必要で肥満な犬に!

肥満や減量用の療法食

減量サポート・満腹サポートは、減量が必要な犬の為に特別に調合されたロイヤルカナンの食事療法食です。

減量の為に、摂取カロリーを制限していますが、食事量を確保する為に食物繊維を増量したり、タンパク質・ビタミン・ミネラルがしっかりと吸収できるように調整されています。

また、糖コントロールも減量をサポートすることに調合されていますが、糖尿病の犬の為に、糖吸収速度が遅い大麦などの炭水化物を使用しています。

減量用には8種類の療法食
  1. 減量サポート ドライ
  2. 減量サポート ウェット缶
  3. 満腹感サポート スペシャルドライ
  4. 満腹感サポート ドライ
  5. 満腹感サポート ウェット缶
  6. phコントロールV2+満腹感サポート
  7. 糖コントロール ドライ
  8. 糖コントロール ウェット缶

5、消化器サポートは下痢の状態によって3タイプ用意されている!

消化器サポート療法食一覧

ロイヤルカナンの消化器サポートは3つの「高栄養」「低脂肪」「高繊維」タイプが用意されています。

消化器サポート高栄養は、消化器疾患の犬の為に、消化性の高い原材料を使用しています。また、少ない給餌量でもしかっりと栄養素を吸収できるように調整されています。さらに腸内細菌バランスに配慮した可用性食物繊維(サイリウム・フラクトオリゴ糖・マンノオリゴ糖)が配合されています。

消化器サポートの低脂肪タイプは、消化吸収不良で下痢をしている犬用に調合されています。また、脂肪や食物繊維の含有量を調整することによって消化性を高めています。

消化器サポートの高繊維は、大腸性疾患で下痢をしているように調整されています。食物繊維の増量が必要な犬の下痢を改善するドッグフードです。

消化器サポート全6種類一覧
  1. 消化器サポート高栄養 ドライ
  2. 消化器サポート高栄養 リキッド
  3. 消化器サポート低脂肪 ドライ
  4. 消化器サポート低脂肪 ウェット缶
  5. 消化器サポート低脂肪 リキッド
  6. 消化器サポート高繊維 ドライ

消化器サポートの詳細はこちら

6、療法食のスキンサポートは皮膚疾患の犬に抗活性酸素物質を配合!

スキンサポートの療法食

ロイヤルカナンのスキンサポートは、皮膚疾患で悩んでいる犬の為に高消化性の高い原材料を使用しています。さらに、オメガ3脂肪酸やクルクミン、アロエおよび抗活性酸素物質を配合しています。

そして「皮膚の抵抗力をサポート」「皮膚のバリア機能」を向上させるアロエベラやビタミンC、亜鉛-リノール酸複合体とともにビオチン、ニコチン酸なども配合されています。

7、関節サポートは関節炎などの療法食で低カロリーに配慮している!

ロイヤルカナン療法食 関節サポート

関節サポートは、犬の関節疾患の為に、オメガ3系不飽和脂肪酸、ビタミンE、Cを特別に配合している療法食です。肥満によって関節に負担が掛からないように低カロリーフードにも配慮しています。

また、phケアの為にミネラル成分を調整して、尿のphを弱酸性に保つように考えられているので、ストルバイトやシュウ酸カルシウムにも配慮されています。

8、ロイヤルカナンの肝臓サポートは銅の含有量を制限している!

ロイヤルカナン療法食の肝臓サポート

ロイヤルカナン療法食の「肝臓サポート」は、消化性の高い植物性タンパク質を使用して銅の含有量を制限しています。また、必須脂肪酸や亜鉛の含有量を調整することで肝疾患に伴う高アンモニア血症や肝性脳症になった犬に調整されています。

9、心臓サポートは心疾患などのステージ別に2種類用意されている!

ロイヤルカナン療法食の心臓サポート

心臓サポート1は初期の心疾患の犬用に調合されたウェット缶となります。心疾患に併発する慢性腎臓病にも対応できる調整をしています。

心臓サポート1+関節サポートはドライタイプの1種類が用意されています。初期の心疾患と関節疾患に配慮された療法食です。

心臓サポート2は、ステージ進行した犬の為に、ナトリウム制限して、タウリンやカルニチンを配合した特別な療法食です。慢性腎臓病に配慮してリンを制限しているところも特徴です。

心臓サポート全4種類一覧
  1. 心臓サポート1 ウェット缶
  2. 心臓サポート1+関節サポート ドライ
  3. 心臓サポート2 ドライ
  4. 心臓サポート2 ウェット缶

10、ロイヤルカナンの退院サポートは回復後や手術後の栄養欲求が高い時の流動食!

ロイヤルカナン療法食の退院サポート

疾病回復した時や手術後などの栄養が必要な犬や猫の為に、各栄養素を強化した療法食が「退院サポート」です。また、リキッドタイプのクリティカルリキッドは流動食となっています。

犬用ロイヤルカナンの準療法食ベッツプランとは?

商品画像 商品名 病気対策
ベッツプランのスキンケアプラスジュニア スキンケアプラスジュニア スキンケアプラスジュニアは、皮膚の健康維持をサポートしたい成長期の子犬の為の総合栄養食ドッグフードです。皮膚のバリア機能・腸内細菌バランスや健康的な成長に配慮した内容で成長をサポートします。
ベッツプランのスキンケアプラス成犬用 スキンケアプラス成犬用 スキンケアプラス成犬用は、皮膚の健康維持をサポートしたい成犬用に特化した総合栄養食のドッグフードです。食物アレルギーにも配慮した消化性の高い植物性のタンパク質を使用しています。
ベッツプランのニュータードケア ニュータードケア ニュータードケアは、生後6か月以上の避妊・去勢をした犬の体重管理や体重維持の為に、カロリー量を低くしています。また、下部尿路の健康維持にも配慮した栄養素の調整をしています。
ベッツプランのセレクトスキンケア セレクトスキンケア セレクトスキンケアは、消化性の高いタンパク質には七面鳥や炭水化物として※を使用しています。そのため、食物アレルギーに配慮されていて皮膚や消化管の健康維持をサポートします。
ベッツプランのphケア phケア phケアは、下部尿路対策として、ミネラルなどの栄養素を調整して健康維持をサポートしています。そして、高い嗜好性を実現する為に栄養素などの成分を調整しています。
ベッツプランのウェイトケア ウェイトケア ウェイトケアは、肥満に悩んでいたり、運動量が少ない犬の為の総合栄養食です。筋肉量・骨と関節の健康維持に高タンパク質でグルコサミンやコンドロイチンを配合しています。
ベッツプランのエイジングケア エイジングケア エイジングケアは、中高齢犬の健康維持の為の総合栄養食です。活力と脳の健康の為に抗活性酸素物質を配合して酸化ストレスに配慮しています。歯や筋力量・皮膚のバリア機能・phケアなども配慮しています。

公式サイトでは総合栄養食と表示されているベッツプランですが、動物病院やネット通販のみの販売となっているので見たことが少ない人の方が多いですね!

このベッツプランとは、総合栄養食ですが病気の予防や、軽い症状の改善に効果的な準療法食という位置づけになります。例えば、今は病気では無いが、皮膚病や尿路疾患のリスクを減らしたり予防することにもおすすめのドッグフードです!

ただ、ロイヤルカナンの製品には、酸化防止剤にBHAの発がん性物質を使用しているので、病気のリスクを本当に減らすことができるのかは賛否両論だと思います。ただ、それらのBHAは、基準値内での使用ということで、実際に使われている量は数分の1程度です。なので、発がん性は認められていないロイヤルカナンは安全だという事がわかります。

人間用に使用しない人口添加物のBHAが、使用基準内だからと安心だと言われても、「愛犬に与えるのはどうかな・・・?」と思う人も多いですよね!

わたしの場合は、愛犬が病気になった時は、獣医さんの支持に従ってロイヤルカナンの療法食をちゃんと与えています。ですが、病気が治ったらいつもの良質なドッグフードに切り替えています。やっぱり危険と判断する人口添加物が気になるので!!

わたしと同じように酸化防止剤が気になる人は、無添加でグレインフリーの良質なドッグフードをご紹介していますので、下記のボタンを押してチェックしてみてください!意外と良いドッグフードがありますよ♪

ロイヤルカナン療法食は獣医師の的確なアドバイスが必要だった!?

療法食は獣医の判断が必要?

ロイヤルカナンの療法食や準療法食は、病気や健康維持に配慮して成分を配合しているので、健康な犬に与えると栄養価が足りない事があります。

また、特別に調合されたロイヤルカナンの療法食は、病気や予防におすすめですが、種類が多く素人が選ぶと栄養価が足らずかえって危険な場合もあります。

その症状によっても、治療方法の一つとして療法食は多岐にわたり、たくさんの種類が用意されています。獣医さんの指導のもとで適切な療法食を与える必要があります。

なので、ロイヤルカナンの療法食に限らず、治療の為の食事は獣医師にアドバイスや指導を貰うようにしましょう!

ロイヤルカナンの療法食は楽天やAmazonで購入した方がお得なの?

公式サイト アマゾン 楽天
amazonロイヤルカナン 楽天ロイヤルカナン
消化器サポート なし 1,869円(1kg) 1,566円(1kg)
phコントロール なし 1,861円(1kg) 1,600円(1kg)
セレクトプロテイン なし 1,861円(1kg) 1,531円(1kg)
低分子プロテイン なし 1,861円(1kg) 1,600円(1kg)
腎臓サポート なし 1,861円(1kg) 1,600円(1kg)
送料 別途必要 別途必要

先ほどもお話しましたが、療法食は素人判断で選ぶと危険な場合が多いので獣医さんにアドバイスや指導をしてもらう事が必須条件となります。

ですが、動物病院でのロイヤルカナンの療法食はほとんど定価販売となるので、非常に高く経済的に厳しいですよね!そこで、継続して療法食を続けなければいけない場合は、アマゾンや楽天などで購入する方がかなりお得です。

そこで、注意してほしい事は、正規品か個人輸入かを確認した方がいいですね!正規品の場合はフードの安全性は確かだと思いますが、個人で輸入している商品の場合は賞味期限やどのようなルートで購入しているかが不明ですので不安ですね!

ロイヤルカナン療法食の最安値を公式・楽天・アマゾンで調べてみましたが、上記比較表通り楽天が一番安かったです。しかし、楽天の場合は、送料が別途必要なショップが多かったので1kg2,000円以上となります。

しかし、アマゾンから出荷される商品で2,000円以上だと送料が無料(販売元や配送先によって変更する場合がある)になります。以外と2,000円を少し超える商品を探して購入する方が、総合計金額(商品代+送料無料)が楽天と比べると安くなる場合もあるので、しっかりと確認してから購入することをおすすめします!

公式サイトでの販売は、食事療法食以外のドッグフードは都度購入はもちろんですが、定期コースなど便利な申込方法もありました。ですが、価格の方は定価販売となり割高になります。

ロイヤルカナンの療法食を少しでも安く購入したい場合は、楽天やアマゾンで探した方がお得でしたよ!

ロイヤルカナンの療法食についてQ&A一覧

Q1、ロイヤルカナンの療法食にはBHAを使用しているけど安全なの?

A、ロイヤルカナンのドッグフードは、酸化防止剤としてBHAという危険な人口添加物を使用しています。一般職・療法食の両方ともに使用されていますが、基準値を超える量を配合していないので命に関わるほどではありません。

しかし、ロイヤルカナン療法食の原材料を見ていると、穀物や人口添加物が多く、病気の愛犬に与える場合はどうなのか不安な要素も多いです。実際に愛犬に与えないといけない時は、「違う良質な原材料を使用した療法食ドッグフードを与えても良いの?」か獣医さんに相談しても良いですね!

粗悪な原材料が気になるロイヤルカナンの療法食ですが、それぞれの病気に対応した成分を調整した内容には間違いないですが・・・。

Q2、肥満対策に減量サポート・満腹感サポートの療法食で減量できる?

A、ロイヤルカナンの「減量サポート」「満腹サポート」は減量が必要な犬に摂取カロリーを調整した療法食なので、制限が必要な肥満犬のダイエットをサポートしてくれます。

しかし、減量目的だけの為に獣医さんに相談しないで、これらの療法食を与えると栄養バランスが悪い為、他の病気になる可能性もあります。ダイエットは可能なのですが、他の病気を併発する事があるので、獣医師に相談してから与えるようにしましょう!

Q3、ロイヤルカナン高栄養パウダーの療法食は終了するの?

A、ロイヤルカナンの高栄養パウダーは2018年4月で販売が終了しました。切り替えの推奨商品(代替商品)は「ロイヤルカナン療法食 退院サポート クリティカルリキッド」になります。

クリティカルリキッドは高栄養パウダーと同じく、栄養欲求が高い手術後や疾患回復後の流動食です。

Q4、ロイヤルカナンの療法食を「食べない」時の対処法は?

A、病気になった愛犬に療法食を与えることに焦って、急にドッグフードを切り替えてしまうと、「食べない」ということがあります。

すぐに切り替えたい気持ちはわかりますが、切り替え当初は今まで与えていた通常食を10%減らし、その減らした分に療法食を混ぜて与えてみましょう。時間が掛かって面倒だと思いますが、神経質な子は食べない原因が切り替え方法ということが考えられます。

1週間から1カ月と慣れるまでに時間が掛かる犬もいますが、焦らずゆっくりと時間をかけてあげましょう。

下記の「あわせて読みたい」では、愛犬がドッグフードを食べない時の対処法をお教えしていますので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
愛犬がドッグフードを食べない
犬がドッグフードを食べない!?食べない理由と対策方法を徹底解説 ドッグフードを食べない時は、まずは体調チェック! 愛犬がドッグフードを食べない時は、原因を把握することが大切です。 ...

 

Q5、犬の下部尿路対策に獣医の診断なしで療法食を使用しても良い?

A、これはダメです。下部尿路対策をすることは重要になりますが、療法食で対策すると、栄養バランスの偏りで違う病気になる場合があります。

健康な犬が下部尿路になる原因は、リン・カルシウム・マグネシウムの過剰摂取や、水分補給をしない犬がなりやすいです。なので、日頃から良質な原材料を使用した栄養バランスが優れたドッグフードで対策してあげましょう!

健康な犬の健康維持をサポートするドッグフードのおすすめは「モグワンドッグフード」です!

モグワンのドッグフードは、栄養バランスに優れていて、高品質な食材ばかりを使用ているので、下部尿路対策としてもおすすめです。

愛犬の健康維持をサポートしてあげたい人は、モグワンについて詳しくお教えしている記事がありますので、下記を参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
【悪評多数?】モグワンドッグフードを愛犬に与えた私の口コミを暴露! \数量限定!初回半額キャンペーンはこちら/モグワンの公式サイト モグワンドッグフードの基本情報から分かる評価は? ...

 

Q6、ロイヤルカナンの療法食も韓国の工場で作られるの?

A、こちらも気になっている人が多いですが、2018年の下半期から韓国の工場で作られた一部のドッグフードが日本に入荷することが決まっています。

そして、一部のドッグフードとは、「満腹感サポート ドライ」という療法食が最初に入荷することが決定しています。さらに、少しずつとは思いますが、療法食以外の総合栄養食も製造していくことになるでしょう。

下記の「あわせ読みたい」でロイヤルカナン韓国の工場について、詳しくお教えしていますので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ロイヤルカナンの韓国工場
韓国の工場に移転するロイヤルカナンの安全性?5つの注意点を解説! ロイヤルカナンが韓国工場に移転する噂って本当なの? ロイヤルカナンが韓国工場に移転するのはいつなのか・・・?2018年なのか・・・...

 

まとめ

今回は、ロイヤルカナン療法食について徹底的に調べてきましたが、いかがでしか?

療法食は、獣医の的確なアドバイスがなく与えていると逆に体を壊すこともあるので注意しましょう。また、ロイヤルカナンの療法食を動物病院で購入している人は、アマゾンや楽天で探す方がお得な場合もあることがわかました。

下痢をしているから「消化器サポート」や下部尿路予防に「phコントロール」を独自の判断で与えている人もいますが、それぞれの病気の為に成分を調整をしているので獣医さんに相談してから決めましょう!

健康維持には「良質な総合栄養食」、獣医さんが処方して考えてくれるのが「療法食」となります。犬の体調が悪い場合は、動物病院でちゃんと診断して獣医さんに判断してもらうことをおすすめします。