ドッグフードおすすめランキング

国産は安心?口コミで人気の無添加ドッグフードおすすめランキング!

無添加ドッグフードおすすめランキング!

こんにちは!ドッグフード大百科の編集部です!

ドッグフードを購入する時って「無添加」だと安心感がありますよね!しかし、無添加ドッグフードの安全基準って微妙なところもあるんです。。。

そして、獣医師がおすすめしているドッグフードだから安心だ!という理由で愛犬に与えていると、粗悪な添加物&原材料を使用しているメーカーも!間違った認識でドッグフードを選んでいると「危険だった!」という事もあります。

「ドッグフード大百科」編集長
「ドッグフード大百科」編集長

そこで!今回は、本当に安心で安全な無添加ドッグフードのおすすめと選び方をお教えしていこうと思います。さらに、「安いは危険なのか?」などの疑問を徹底的に分析してまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

\先におすすめを知りたい人はクリック!/
無添加ドッグフードランキング

そもそも無添加のドッグフードは国産を選ぶべき?

無添加のドッグフードは国産だけ?

無添加のドッグフードは日本国内問わず数多くのメーカーが取り扱っています。それでは、海外製がダメなのか?国産を選ぶべきなのか・・・?

あり過ぎてどれを選べば良いのか迷いますよね!ですが、結論から言うと、安全な原材料や成分をチェックして無添加ドッグフードを選べば、どちらでも問題ありません。

大切な事は、「危険な添加物を使用していないのか?」を確認することですね!実際、市販で低価格の国産ドッグフードを見てみると、着色料や危険な保存料などなど、犬の食事に不必要な添加物を使っていることもあります。

では「どんな添加物を使用して、犬に悪影響を与えている危険なドッグフードなの?」が気になると思います!そこで、さらに詳しく危険な添加物の役割や、無添加ドッグフードの選び方についてご紹介していこうと思います。

ココが大切!無添加ドッグフードを選ぶ3つのポイント!

添加物というのは、健康維持の為に添加されている成分です。しかし、ドッグフードの食材が低品質の場合は誤魔化しの為に使用していることもあります。人口添加物で体調不良やアレルギーを引き起こして苦しんでいる犬もいます。そこで、無添加ドッグフードの選び方を3つのポイントでお教えしますね!

1、粗悪な人口添加物を使用していないドッグフードを選ぶこと!

使用用途 避けたい添加物
酸化防止剤 BHA、BHT、エトキシキン、没食子酸プロピル
保存料・防腐剤・発色剤 ソルビン酸カリウム、亜硝酸ナトリウム
甘味料・合成調味料・香料 グリシリジンアンモニエート、ソルビトール、キシリトール、コーンシロップ、ビートパルプ
着色料 青色(1、2、102号)、赤色(2、3、40、105号)、黄色(5、6号)、二酸化チタン
保湿剤・その他 プロビレングリコール、セレン化合物、安息香酸類、ポリリジン、プロタミン

人工添加物には、酸化防止剤・着色料・香料・保存料・防湿剤などがあります。なので、賞味期限や開封後も腐りにくいドライドッグフードにするためには、酸化を防ぐために危険の人口添加物を使っているドッグフードがあるので注意しましょう。

酸化防止剤や保存料には、天然由来の成分を使った安全性が高いドッグフードを選ぶ必要があります。例えば、無添加ドッグフードではお馴染みの「ミックストコフェロール」は、天然由来の酸化防止剤で犬の体に優しいのが特徴です。

  • ミックストコフェロール(ビタミンE)
  • ローズマリー抽出物
  • 緑茶抽出物

しかし、天然由来のミックストコフェロールは、犬の体に優しいですが、酸化防止剤としての機能は強くないデメリットもあります。なので、無添加ドッグフードの開封後は2~3ヵ月ほどで、賞味期限が短い特徴があるので注意しましょう。

ドッグフードに使用される添加物の量は、法第5条に基づき「愛玩動物用飼料の成分規格等に関する省令」で定められています。

詳しくは下記からも確認できますので参考にしてみてください。
【引用元】環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室

さらに、「香料無添加」「着色料無添加」などの表記だけで判断すると、違う人口添加物を使用している可能性もあるので惑わされないようにしましょう!

2、良質な動物性タンパク質が豊富なドッグフードを選ぶこと!

主原料は新鮮な肉を使っている!

次は、動物性タンパク質が豊富なドッグフードであることも重要です!いくら無添加のドッグフードであっても、新鮮な肉や魚の含有量が少ないと植物性タンパク質の割合が多い可能性があります。

なので、主原料に植物性タンパク質の食材を使用している場合は、消化が悪く胃腸に負担を掛けているドッグフードと考えた方がいいですね!

では、どんな食材を選べ良いのかというと、目安は肉類の含有量が50%以上使用している動物性タンパク質が豊富なドッグフードがおすすめです!

しかし、室内外で活動量が少ない小型犬や中型犬の場合は、高タンパク過ぎると内臓に負担を掛けてしまう場合もあります。肉の使用量は50%~70%程度のドッグフードが理想的です。

また、肉の質は、ヒューマングレード(人間が食べれるレベルの肉)の食材を使ったドッグフードをできるだけ選ぶようにしましょう!

3、脂質やグレインフリーを考慮した無添加ドッグフードを選ぶこと!

グレインフリーで品質が良い脂質を選ぶ!

無添加ドッグフードを選ぶなら、脂質や穀物を考慮したドッグフードを選んであげましょう。低品質な脂質を使っているや、グルテン(小麦など)を多く使ったドッグフードだとおすすめできません。

脂質で注意する事は、低品質と判断される「動物性油脂」「植物性油脂」「家畜油脂」など素材が不明な脂は安全とは言い難いので注意が必要です。

サーモンオイルなどの魚脂、鶏脂などは、どんな脂なのかが分かりますよね!ポイントは、どんな食材を使った脂なのかが明確なドッグフードを選びましょう!

また、穀物については、グルテンを含まないドッグフードがおすすめです。グレインフリーは穀物不使用、グルテンフリーはアレルギー反応が出やすい小麦など不使用ということです。どちらも犬の消化に負担を掛けないように考えられたドッグフードです!

グレインフリードッグフードについては下記で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
グレインフリードッグフードおすすめランキング
グレインフリー(穀物不使用)ドッグフードおすすめランキング!こんにちは!ドッグフード大百科の編集部です! 数多くのペットフードメーカーが販売しているということもあり、グレインフリーのドッグフ...

【まとめ】無添加ドッグフードの選び方

3つのポイントで無添加ドッグフードを選ぶ!

無添加ドッグフードの選び方を3つのポイントでお教えしてきました。ポイントとして重要な事は、明確で分かりやすい原材料を記載されているドッグフードだと安全性が高いです!

例えば、カタカナで記載されている「何?この原材料?」と思う不明な食材が使われている場合は注意した方がいいですね。

  1. 主原料は動物性タンパク質が多い肉類?
  2. 脂質の食材は何を使っているか?
  3. 小麦やトウモロコシなど穀物は使われていないか?
  4. 保存料や酸化防止剤に人口添加物を使っていないか?
  5. ヒューマングレードの食材を使っているか?

などを確認して、無添加で安全性が高いドッグフードを選んであげましょう!

無添加と記載されたドッグフードでも、保存料・酸化防止剤・ビタミン・ミネラル類は、犬の体に負担や害がでないように、天然素材の食材を添加しています。

酸化防止剤を使っていないドッグフードも、購入した時点で酸化が進んでいます!酸化した脂などは肝臓に負担を掛けるリスクが高いので、酸化防止剤を使っていないドッグフードの方が危険性が高いです!

口コミで人気17種類の無添加ドッグフードを徹底比較!

主原料(品質と量) 無添加 脂質と穀物
モグワン
全年齢対応
◎チキン&サーモン(53%)
いぬはぐ
全年齢対応・国産
◎乾燥チキン
カナガン
全年齢対応
◎チキン(60%)
Dr.ケアワン
全年齢対応・国産
◎鶏肉
ナチュロル
全年齢対応・国産
◎牛・鶏・馬・魚生肉(55%)
ユーカヌバスモールアダルト
成犬
△鶏・七面鳥
ファインペッツ極
全年齢対応
◎アヒル肉・ニシン(80%以上)
オリジンパピー
子犬
◎新鮮鶏肉
アカナレジオナル
全年齢対応
◎鶏肉(68%)
アランズナチュラルドッグフード
全年齢対応
◎ラム肉(55%)
ネルソンズ
全年齢対応
◎チキン(50%以上)
ニュートロ ナチュラルチョイス
子犬・成犬・老犬
○チキン
ソルビダ
子犬・成犬・老犬
◎チキン生肉
ハロー
子犬・成犬・老犬
◎チキン正肉
カークランド
子犬・成犬・老犬
○鶏肉
ニュートロ シュプレモ
子犬・成犬・老犬
○チキン
ロイヤルカナン
子犬・成犬・老犬
△鶏・七面鳥

口コミで人気のドッグフードを比較してみました。比較したドッグフードの主原料は、全て肉類を使用した動物性タンパク質が豊富なドッグフードです。しかし、ヒューマングレードの食材を使ったドッグフード(主原料が◎)は12種類でした。

誰もが知っている有名なドッグフードでも、肉の品質が記載されていないものもあります。また、酸化防止剤や保存料にもおすすめできない(添加物が△や×)ドッグフードもありました。。。

無添加で安全なドッグフードの特徴は、穀物にも気を使っているドッグフードという印象でおすすめです!

しかし、犬の健康について真剣に考えているドッグフードメーカーは、ヒューマングレードでグルテンフリー以上のドッグフードで良いのですが、価格が高い商品もあります。

「ドッグフード大百科」編集長
「ドッグフード大百科」編集長
さらに、続けやすいコスパというポイントも評価基準に入れて、高品質なドッグフードをランキング形式でおすすめを紹介していきますね♪

安全で安い!無添加ドッグフードおすすめランキング

ここからは、選ぶポイントや比較した結果から、無添加ドッグフードおすすめランキングBEST5をご紹介していきますね!

BEST5を決定した比較基準

無添加ドッグフードのおすすめランキングを決定した基準は、「人口添加物を使わない!」「動物性タンパク質が豊富!」「脂質や穀物の内容!」を比較しています。

ただ、無添加で安全性の高いドッグフードになると価格が高くなってしまいます。その中でも「コスパが良くて続けやすい?」も基準に取り入れてみました。

1位 モグワンドッグフード
モグワンドッグフード(穀物不使用)
粗悪な人口添加物を使わない無添加ドッグフードのモグワンは、1kgあたり1980円と低コスパで続けやすくおすすめです!また、モグワンに使われている酸化防止剤は、天然由来のビタミンEのみを使用しているので安全性にも優れています。主原料は良質なチキンとサーモン、脂にはサーモンオイルを使っています。高タンパク過ぎないので室内飼いのワンちゃんや、被毛・皮膚トラブルなどの予防にもおすすめです!
内容量 1.8kg 生産国 イギリス
お試し制度 1,980円(1.8kg) 通常価格 3,960円
3,564円~(定期)
肉の品質 グレインフリー
脂質 タンパク質
総合評価

詳細ページ公式ページ

2位 カナガンドッグフード
カナガンドッグフード(穀物不使用)
無添加ドッグフードのカナガンは、ヒューマングレードのチキンを使った肉類が全体の60%以上使用しています。そして、タンパク質は33%と少し高い特徴がありますが、活動量が多い犬や成長期の犬におすすめです!無添加で高タンパク質のドッグフードを探しているならカナガンがベストですね!カナガンはモグワンよりも少し安いコスパで、定期コースも用意されています。さらに安く購入できる選択肢も用意されているので続けやすいですね!
内容量 2.0kg 生産国 イギリス
お試し制度 ×なし 通常価格 3,960円
3,564円~(定期)
肉の品質 グレインフリー
脂質 タンパク質
総合評価

詳細ページ公式ページ

3位 いぬはぐドッグフード
いぬはぐドッグフード
いぬはぐは、お腹の健康を第一に考えた、乳酸菌やオリゴ糖を配合した無添加ドッグフードです。下痢や嘔吐がしやすい犬にもおすすめの栄養バランスで、お腹の調子が安定しない犬に試してみたいですね。グレインフリーではありませんが、アレルギーになりにくいグルテンは不使用です。玄米を使用していますが低アレルギーで消化を妨げることもありません。いぬはぐの初回購入は、通常価格の半額以下と驚く値引き率です。ヘルシーなドッグフードを探している人は、試してみる価値がありそうですね!
内容量 1.5kg 生産国 イギリス
お試し制度 2,480円~ 通常価格 6,960円
5,980円(定期2回目~)
肉の品質 グレインフリー
脂質 タンパク質
総合評価

公式ページ

4位 ナチュロルドッグフード
ナチュロルドッグフード
ナチュロルは国産では珍しいグレインフリーの無添加ドッグフードでおすすめですね!また、食材の産地もしっかりと表記されているドッグフードで、全体の55%がヒューマングレードの肉類(牛・鶏・馬・魚)を使っているところも安心できます。国産ドッグフードもここまで来た!という内容や安全性に定評があります。お試しも用意されていて、食いつきチェックが100円という太っ腹です!国産の無添加ドッグフードを探しているなら、一度ナチュロルを試してみたいですね!
内容量 850g 生産国 日本
お試し制度 100円(30g) 通常価格 3,000円(850g)
4,980円(1.7kg・定期)
肉の品質 グレインフリー
脂質 タンパク質
総合評価

詳細ページ公式ページ

5位 アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフードの原材料は、なんと10品目だけです。余分な食材を一切使っていない、これぞ無添加ドッグフードという内容ですね!主原料は生ラム肉を55%使用していて、ここまで生ラム肉を使ったドッグフードも珍しいです。ただ、成長期や運動量が多い犬はタンパク質やカロリー量が少ないところがデメリットでもあります。生ラム肉の含有量が多いドッグフードの中でも低コスパで、さらに定期コースで安く購入することもできます!ラム肉好きのワンちゃんに試してみたい無添加ドッグフードですね!
内容量 2kg 生産国 イギリス
お試し制度 ×なし 通常価格 3,960円
3,564円~(定期)
肉の品質 グレインフリー
脂質 タンパク質
総合評価

公式ページ

無添加のドッグフードでモグワンをおすすめする7つの理由!

モグワンをおすすめする理由!?
モグワンをおすすめする7つの理由
  1. チキンとサーモンの動物性タンパク質が豊富!
  2. 天然由来のビタミンEを酸化防止剤に使用!
  3. 粗悪な人口添加物は不使用!
  4. 消化の妨げになる穀物は不使用!
  5. 関節サポートする成分の含有量が多い!
  6. 1kgあたり1,980円以内で続けやすい!
  7. 初回半額でお試しができる!

モグワンは、無添加・グレインフリー・ヒューマングレードという優れたドッグフードなのに「安い」から怪しいという口コミもあります・・・。

なぜ、モグワンが安い価格で販売できるのかというと、流通コストを抑えていることで高品質・低価格を実現しています。独自に考案したモグワンをメーカーを通さず製造しているから安いということですね!

さらに、モグワンは低価格なのに品質が優れている特徴があります。なので、高価なドッグフードをわざわざ選ぶより、先にモグワンを試したい内容となっていますね!

\【初回半額】今ならモグワンが初回50%OFF!/モグワンの公式サイトはこちら

国産の無添加でおすすめしたいドッグフードって?

主原料(品質と量) 添加物
穀物
価格/容量
このこのごはん
全年齢対応・国産
◎九州産鶏ささみ肉 ◎無添加
○大麦・玄米
3,500円/1kg
みらいのドッグフード
全年齢対応・国産
◎鹿・鶏・馬・魚の生肉 ◎無添加
○大麦・玄米
5,000円/1kg
犬心ドッグフード糖&脂コントロール
全年齢対応・国産
◎牛・馬・鶏の生肉 ◎無添加
○大麦・玄米
2,600円/1kg
Dr.ケアワン
全年齢対応・国産
◎鶏肉 ◎無添加
△玄米、大麦など
3,000円/800g
ナチュロル
全年齢対応・国産
◎牛・鶏・馬・魚生肉(55%) ◎無添加
◎グレインフリー
3,000円/850g
レオアンドレア
全年齢対応・国産
◎国産牛肉 ◎無添加
○大麦、玄米
2,450円/800g
馬肉自然づくり
全年齢対応・国産
◎国産馬肉、国産鶏肉 ◎無添加
△玄米、大麦など
3,000円/1kg
うまかドッグフード
全年齢対応・国産
◎九州産鶏肉(華味鳥) ◎無添加
○大麦、玄米、米ぬか
4,980円/1.5kg
わんこのきちんとごはん
全年齢対応・国産
◎白身魚 ◎無添加
△大麦・玄米粉など
1,500円/250g
プリモ
全年齢対応・国産
◎生ミンチ肉50%(牛肉、鶏肉、馬肉、レバー肉、魚肉、豚肉) ◎無添加
○玄米粉・コーングルテン
1,790円/1kg

国産品から調べた全ての無添加ドッグフードは、ヒューマングレードの肉類を使っていて素晴らしい内容です!ただ、気になったのが、国産ドッグフードは穀物類を使用しているメーカーが多いので詳しく調べてみると・・・

国産の無添加ドッグフードは大麦や玄米の穀物が多いけど危険なの?

無添加ドッグフードの大麦や玄米は危険?

比較表を見てもらうと分かる通り、国産の無添加ドッグフードには大麦や玄米を使用しているメーカーが多いです。

では、大麦や玄米を取り入れている国産の無添加ドッグフードは危険かというと、そうではありません。しかし、それらの穀物でアレルギーを引き起こしてしまう犬にはおすすめできません。

さすがに、小麦などのグルテンを使用しているメーカーはありませんでした。大麦や玄米などの穀物は、ナチュロル以外のドッグフードでほとんど使用されています。しかし、大麦や玄米はアレルギー反応が出にくく消化がいい食物繊維が豊富な食材でもあります。

簡単に説明すると、大麦は血中コレステロール値や血糖値の上昇を抑制してくれます。また、食物繊維がバランスよく含まれているので、便秘気味な犬のスッキリにも期待できます。

そして、玄米はグルテンが含まれていないので安心ですが、糖質が多いため摂取し過ぎると肥満のリスクがあります。米や小麦に比べると血糖値の上昇は緩やかな特徴があります。

なので、かさ増し目的で使っていない、適度な量であれば安心です。しかし、犬本来の肉食動物の姿と照らし合わせて消化器官の負担を考えると、わざわざ穀物を使うより野菜や果物といったヘルシーな食材の方がいいですね!

下記では、グレインフリーやグルテンフリーのドッグフードの選び方やおすすめをランキング形式でご紹介していますので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
グレインフリードッグフードおすすめランキング
グレインフリー(穀物不使用)ドッグフードおすすめランキング!こんにちは!ドッグフード大百科の編集部です! 数多くのペットフードメーカーが販売しているということもあり、グレインフリーのドッグフ...

国産の無添加ドッグフードでナチュロルをおすすめする理由!

ナチュロルドッグフード

国産の無添加ドッグフードを比較した中でも特におすすめするのが「ナチュロル」です!ナチュロルは、国産では珍しいグレインフリーのドッグフードで、ヒューマングレードの国産肉をたくさん使用しています。

また、粗悪な人口添加物や肉類は一切使用していないドッグフードで、食べなくなっても30日間の返金保証まで用意されています。それだけ自信があるということではないでしょうか!

食いつきチェックができる100円サンプルも用意されているので、国産無添加ドッグフードでグレインフリーのナチュロルを試したいと思う人も多いですね!

しかし、すべてが国産の食材ではないという事は覚えておきましょう!例えば、新鮮馬生肉(カナダ産)、タピオカ(タイ産)、紫さつまいも(タイ産)、ココナッツ(フィリピン産)などは、日本では揃えにくいので海外から輸入して国内で製造しています。

下記では、ナチュロルドッグフードを試した口コミをご紹介しています。ナチュロルの原材料や成分など詳しくお教えしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
ナチュロルドッグフード
成分は危険?ナチュロルドッグフードを愛犬に試してわかった口コミ! ナチュロルドッグフードの基本情報チェック&評価 安全性 コスパ 栄養バランス 犬...

缶詰ドッグフードなどのウェットや半生に無添加はある?

缶詰などの半生タイプはブッチがおすすめ!

缶詰ドッグフードは、嗜好性がいいのでしっかり食べてくれるというメリットがあります。しかし、缶詰ドッグフードは総合栄養食が少ないので、栄養価の低さや保存料が入っているデメリットもあります。なので、無添加の缶詰ドッグフードを探す方が大変です。

しかし、缶詰ではありませんが、半生タイプで「総合栄養食」「無添加」「動物性タンパク質が豊富」なチルドミートドッグフードがあります。

その名は「ブッチ」というドッグフードで、農産物に対する規制が厳しいニュージーランドで作らています。ブッチドッグフードは、3種類のレーベル別に主原料が違うので、好みの食材を選ぶことができます。

無添加で安全性が高い優秀な缶詰ドッグフードをお探しであれば、トライアルセットがある「ブッチ」をおすすめします!

\【初回3,000円】で食いつきチェック!!/

ブッチのトライアルセットはこちら

無添加の低カロリードッグフードを選ぶ5つのおすすめポイント!

低カロリー無添加ドッグフードを選ぶ5つのポイント
  1. 主原料に良質な肉を使っている!
  2. 粗悪な添加物は不使用!
  3. グレインフリーやグルテンフリーである!
  4. 穀物の代わりに低GI値の野菜を使っている!
  5. コスパが良く続けやすい!

などの脂質やカロリー量が低い無添加ドッグフードを選んであげましょう!

愛犬がシニア期に入ってきたり、肥満傾向と思った時に、真っ先に思いつくのが健康維持を考えた低カロリーや低脂肪の無添加ドッグフードですね。

低カロリーや低脂肪だけを気にして、植物性タンパク質が多いドッグフードを選んでしまうと、「栄養素が少なく体調が悪くなった」という落とし穴があります。低カロリードッグフードの多くは、穀物を使ってカロリー量を引き下げています。

しかし、本来肉食動物の犬は、動物性タンパク質が多く低炭水化物の栄養素を求めています。なので、低脂肪や低カロリーを穀物で調整しているドッグフードを与えていると、筋肉低下や代謝が下がってしまうリスクがあります。

筋肉量が減ってしまうと、余分なエネルギーが脂肪に吸収されてしまい、肥満になりやすくなりますので注意しましょう!

ということで、上記に当てはまる低カロリー無添加ドッグフードのおすすめは「モグワンドッグフード」です。モグワンは、主原料にチキン&サーモンの良質なお肉を使用していてグレインフリーのドッグフードです。

また、モグワンドッグフードは、低脂肪・低カロリーなのに、動物性タンパク質が豊富なので、食欲が減ってきたシニア犬にもおすすめです!さらに、良質なお肉で筋肉をサポートしてあげることで、基礎代謝が良くなり脂肪が付きにくく、体重維持の為にもいいですね。

無添加のモグワンドッグフードを試した、私の体験記事がありますので、そちらも合わせて参考にしてみてください♪

あわせて読みたい
【悪評多数?】モグワンドッグフードを愛犬に与えた私の口コミを暴露! \数量限定!初回半額キャンペーンはこちら/モグワンの公式サイト モグワンドッグフードの基本情報から分かる評価は? ...

市販の無添加ドッグフードをお試しする方法は?

お試しの無添加ドッグフード

始めて無添加のドッグフードに切り替えようと思った人は、あまりにも高い価格に驚いていませんか?確かに、無添加ドッグフードは食材の品質が優れているので、高価な餌で続けにくいデメリットがあります。

なので、価格が高いので、食べなかったらもったいない・・・

そんな時に利用してみたいのが、お試し価格がある無添加ドッグフードですね!無添加となると無料サンプルなどは少ないですが、100円モニターや初回半額で食いつきチェックできるドッグフードもあります。

下記では、お試しがある無添加ドッグフードをランキング形式でご紹介しています。また、お試しの価格比較や選び方などもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

あわせて読みたい
ドッグフードのお試し
無添加ドッグフードを損せずお試しする方法とおすすめランキング \先におすすめを知りたい人はクリック!/ お試し無添加ドッグフードランキング 無添加ドッグフードのお試しサンプルを入手する方...

まとめ

今回は、ドッグフードの無添加についてお教えしてきました。日本で販売されている無添加のドッグフードは数多くあり過ぎて迷ってしまいますよね。。。

さらに、無添加ドッグフードといえば国産と思われていた人も多いですが、意外と粗悪な原材料を使っていたりします。なので、ドッグフードを選ぶ時は、原材料をしっかりと確認することが大切ですね!

その中でも、年齢や生活環境なども視野に入れて、愛犬にベストな無添加ドッグフードを見つける必要があります。

「ドッグフード大百科」編集長
「ドッグフード大百科」編集長
なので「ココが大切!無添加ドッグフードを選ぶ3つのポイント!」を参考に、愛犬の健康維持をサポートする無添加ドッグフードが探してみてください。

ランキングに戻る